2014年 08月 18日
耳ダニの被害を受ける猫達とカイヌシ
e0058292_1424637.jpg




コドモちゃんは耳ダニを飼ってる疑いが濃厚で、つくばからずっと継続して耳ダニ治療をしてる。
ぽつん と日に一滴、耳の奥にお薬を入れる方法で。

ここ八王子の本宅でも 「耳あか製造機」 と呼ばれ、
かさこそと後ろ足で耳の中を搔いては耳垢をまき散らしてるんだけど、
そうこうしているうちに、ちょっと前から ねずみさんが餃子耳になってしまった。耳血腫というらしい。
耳たぶの裏表の軟骨の間に隙間ができて内出血する症状。

原因は免疫疾患とか直接的な物理作用(搔いちゃった・齧られちゃった)とか いくつか考えられるものの、
耳ダニの可能性もゼロじゃないという。耳ダニが痒くて搔き壊したってこと。
というか、状況証拠的にコドモちゃんの耳ダニが原因である可能性が高いかもとのこと。

なので本日、獣医さんでねずみさんの耳たぶに溜まった血液を抜いたついでに、
ノミダニ駆除のレボリューションを塗ってもらった。
もちろんコドモちゃん用とたれちゃん用のレボリューションも もらって帰宅。

うん、たれちゃんもちょっとだけ、お耳が怪しいんだよね~。


というわけで、耳あか製造機、被害者1(ねずみさん)、たぶん被害者2(たれちゃん)の珍しい3ショット。
撮ったのは明らかに被害者3なカイヌシ。
え?カイヌシ? カイヌシはコドモちゃんにじゃれつかれた折に、左目の角膜に傷がついております。


みんな被害者(笑)。
[PR]

by shionedzmi | 2014-08-18 14:41 | ね9~10歳、たれ3歳?コドモ0歳


<< ねずみさんはこれから手術      保父さんな ねずみさん >>